sumikko.tokyo

presents "Linuxという選択肢"

Debianを選ぶ理由

Debian GNU/Linux の特に安定版は、 長期的なトータルバランスが優れています。

ただし初心者にはおすすめしません。

Rev 2020-01-08

書き足しなど。

Linux を試す場合の選択肢

空いている少し古い Intel CPU のパソコンがあるならば、 比較的直感的に扱える UbuntuMint などを試してみるのがよいでしょう。

その上で長期的に Linux を利用することをご検討される場合には、 選択肢の一つとして Debian はよいと思います。

Caution!

Windows を使っているパソコンでいきなり Linux をインストールするのは、 絶対におすすめしません。

Debian の利点

  • Debian は真の意味の フリーソフトウェア です。
    • 文字通りに「自由に利用できる」という意味です。
    • sumikko.tokyo では大半の自作 PC の OS に利用しています。
  • Debian はインストーラーが絶妙です。
    • GUI で簡単にもやれるし、Expert mode では詳細なこともできます。
  • 一度設定が終われば、後の管理は楽です。
  • 安定版では、素早く的確な セキュリティ更新 が提供されています。
  • 文書もきちんと揃っていて概ね管理されています。

Debian の欠点

  • ソフトウェアも文書も悪い意味で膨大です。
    • どれが必要なのかどれがよいのかなど、わかりにくいです。
    • 素晴らしい文書ですが、冗長です。
  • ソフトウェア資源も文書も翻訳膨大なためか、一部は古いです。
    • 対応ハードウェアの幅広さや依存関係の問題もあるためでしょう。
  • 「安定版」の収録ソフトウェアは「いい意味で古い」です。[1]
    • 最新の機能やハードウェアが使えないことはあります。
    • 自力で対応することも可能ですが、 それでは Debian の「安定版」を使う意義は薄れます。
    • より新しいテスト版や不安定版も同時に存在します。[2]
[1]安定性のための意図的な古さは「枯れている」とも言います。
[2]検証とテストを重ねて、それらが将来の安定版になります。

数が膨大であったり名前から実態がわかりにくかったり、 一部が古いままであるのは、Debian だけの問題でもないです。

Linux は個人や組織まで様々な貢献者によって構築されています。 特に名前などのブランド戦略は、Microsoft などの大企業には敵いません。

Debian と他の Linux

Linux には色々な種類があります。

目的や方向性の違いでほんとに色々あります。

Linux 自体 は厳密にはカーネルと呼ばれる中枢的な部分です。

GNU/Linux

システムとして利用できるようにするには、 多数の他のソフトウェアが必要です。

中でもGNUプロジェクトの数々のソフトウェア群は必須です。

それゆえ、Debianも正式に書くなら "Debian GNU/Linux" となります。

ただ最近はそういう細かい呼び方にはこだわらないようですので、 一見名前だけ見ると Linux かどうかわからないものもあります。

多数の勇者達が CentOS で武勇伝を轟かせ、 戦士達は Gentoo で日々鍛錬して敵をなぎ払い、 魔法使い達は Arch で精妙な魔法を華麗に放ち、 召喚師達は デーモン を使役し世界を支えている。

-- "フリーソフトウェアレジェンド"、民明書房

最後の Linux 違うし。

Note

あえて(?)説明をさぼりましたが、もし Linux に興味を持たれたら、 UNIX や BSD 系についてもググってみることをおすすめします。

BSD 系も多くの人が無意識にルーターなどで利用してたりします。 一部は改変されカスタム OS になっていたりもします。

まとめ

  • Linux やフリーソフトウェアを「知ること」には意義があります。
    • フリー "free" が意味するところが「自由」か「無料」かは要注意です。
    • 「無料」に飛びつかないでください。重要なのは「自由」の意味合いです。
    • サポートや利用者の教育研修などトータルでコストを考えれば、 Microsoft Windows などの製品を使う優位性は当然あります。
  • Linux を試す場合には 十分注意して下さい。
    • 責任は利用者にあります。何があっても誰かのせいにしたり、 賠償を求めたりはできませんし、お門違いです。
    • 可能であることと現実的であることには異なり、 目的によっては致命的な差が生じえます。
  • どの Linux にするかは目的や趣向、ライセンス条項次第です。
    • 真に自由な構成にする場合は Debian でも注意が必要です (non-free パッケージなどを含めたら制限がつきます)。
    • 触れませんでしたが、GNU GPL 条項の持つ縛りなど、 一部は改変したものを再配布する場合にも注意が必要です。
    • Linux でサポートや保守が必要なら有償サービスも検討すべきです。

ご一読頂き、ありがとうございました。

Published: (Modified: )