sumikko.tokyo

presents "英語のお勉強"

キャッシュ

キャッシュと言えば大半の方には「お金」しかも「現金」というイメージでしょう。

他方でコンピューター業界では別の意味になり、面倒くさいことになってます。

そんなわけで「キャッシュ」です。

キッシュ

これは美味しい素敵な食べ物です。

そもそも英語というかフランス語で、"quiche" と綴ります。

sumikko.tokyoにもやっとおしゃれ成分が!

カタカナ≠1つの英単語

キャッシュも綴りが違う2つの英単語があります。大雑把に。

  1. "cash"
  2. "cache"

どちらもあるにこしたことはないという共通点はあるのですが、 一方は若干怖い意味もあるので注意です。

"cash"

お金は "money" ですが、"cash" は中でも現金の意味があります。 "cash? card? check/cheque?" なんて聞かれたりします。

この場合の "card" は「クレジットカード」ですね。

"check/cheque" は「小切手」ですが、日本では縁はないですね。 会計の「掛金」は別の単語です。

cash : noun [U]

  1. money in the form of coins or notes/bills
  • How much cash do you have on you?
  • Payments can be made by cheque or in cash.
  • Customers are offered a 10% discount if they pay cash.
  • The thieves stole £500 in cash.
  1. money in any form

—OXFORD ADVANCED LEARNER'S Dictionaryより、一部表記改編して引用

引用にあるように、紙幣やコインというわけです。

  • ただ「現金」に限定されているわけでもないと。
  • そして噂の、非可算名詞ですね。"How much" であって "How many" ではないと。
  • "in" の使い分けがまた微妙に謎です。

"cash" だけでもややこしいです。

"cache"

コンピューター業界では「キャッシュ」といったらこっちです。

実は怖い意味が第一に挙がる単語です。

cache : noun

  1. a hidden store of things such as weapons
  2. (computing) a part of a computer's memory that stores copies of data that is often needed while a program is running. This data can be accessed very quickly.

—OXFORD ADVANCED LEARNER'S Dictionaryより、一部表記改編して引用

一番目の物騒な意味で、どのくらいネイティブな会話に用いられているのか謎です。

パソコンなどにおいては例えば "CPU cache" が重要になります。2番目の意味です。

書いてあるとおり、とっても高速なので重要です。

CPUからメインメモリであるDRAMまでのアクセスは、CPUにとってはおっそろしく遅いからです。

CPUとDRAM

CPU内部では瞬速で計算できます。

ただDRAMへのアクセスとなると、部品が肉眼的にも5〜10cm離れているわけです。 物理学的に信号伝達速度だけを考えても、その分遅いわけです。

しかも途中にいろいろな処理を経由するのでもっと遅くなります。

まとめ

  • "cache" と "cash" は日本語でどちらも「キャッシュ」ですが、違う英単語です。
  • "cash" は非可算名詞です。硬貨や紙幣といった現金のイメージなのにややこしい。
  • コンピューターでの「キャッシュ」は "cache" の方です。
  • "quiche" はフランス語で、キッシュ、美味しい食べ物です。おしゃれ成分は強調しておきます。

Note

"cache" の話は別の記事にでもします。

CPU選びなどでの重要なポイントにもなります。

メモリだけでも分厚い本が書けるほど摩訶不思議な世界です。

オチ

sumikko.tokyoにはこの2つの英単語を聞き分けることも発音することもできません。

怖いお兄さんなどに「キャッシュ」と囁かれたらどうしよう。

Published: (Modified: )